中国の警察当局が証拠類の保管にブロックチェーンを利用か

100456997_s.jpg

 中華人民共和国公安部が警察の捜査中に集められた証拠類をより安全に保管することを目的としたブロックチェーンのシステムを開発した。

 火曜日に中国国家知識産権局が公表したデータによると同組織の研究部門は17年11月にブロックチェーンを土台にしたシステムの特許を申請した。そのシステムはより透明性があり、改ざんされにくい宣誓供述の手続きを提供するために、クラウドに提出されたデータにそれがいつ提出されたかを記録し保存する仕組みになっている。

 中国の全警察を指揮する中国公安部によれば、集権的なプラットフォームがデータを共有する方法としてますます人気になっている中、現在の宣誓供述プロセスの潜在的な問題は、クラウドを通して提出された証拠が簡単に改ざんされてしまうことにあるそうだ。

 また、クラウドでの保存プロセスを明確に管理する効率的なテクノロジーの不足は宣誓供述手続きの信頼性を下げる。

 そのような中、今回の特許で示されたブロックチェーン・システムの下では、クラウドの提供者はまず、複数の署名による確認を双方から得た後でいつ提出されたかという情報と共にブロックチェーン上に記録される宣誓供述データを与えられる。このようにして、このシステムはそれがいつ誰によって提出されたかを示す情報と共に変更不可能な宣誓供述データのコピーを提供する。

 概ね基本的なブロックチェーンの仕組みを反映していることを考慮すれば、この特許申請で述べられているテクノロジーはそれほど目新しいものではない。それでも、この特許は中国国務院の下に26個存在する閣僚レベルの組織の1つによる注目すべきブロックチェーンの使用領域の探索と言える。

 さらに、ブロックチェーン・テクノロジーを利用することに興味のあるの中国の政府組織は公安部だけではない。

 コインデスクが以前に報じたように、別の閣僚レベル組織で政府の公式な監査当局である中国審計署も省、地方レベルでの行政で集められた監査用のデータを保管するための解決策としてブロックチェーンを利用することを考えている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/chinas-police-ministry-touts-blockchain-for-secure-evidence-storage/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて