<今日の仮想通貨市況>リスク回避ムード後退、ビットコインなど軟化

86250896_l.jpg
 4日の主要仮想通貨は軟化し、5日午前9時30分現在では、ビットコイン(BTC)が1BTC=73万1978円(過去24時間比7.9%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=4万523円(同8.6%安)、リップル(XRP)が1XRP=54円(同9.6%安)、ビットコインキャッシュ(BCH)が1BCH=6万9324円(同8.5%安)と軒並み値を下げている。

 米中双方の制裁関税の応酬で貿易戦争への突入が懸念されたが、クドローNEC(米国家経済会議)委員長の発言を受けリスク回避姿勢が和らいだ。こうした中、米株高が進み米金利は一時急低下、金利変動の影響を受けない金や仮想通貨から資金流出が広がっている可能性がある。

 一方、日本の財務省が仮想通貨を使った海外送金のルールを整備する他、外為法の関連法令の改正に着手すると報じられた。金融庁もずさんな管理が目立つ仮想通貨交換業者の市場撤退を促す行政処分を行うなど、仮想通貨取引の環境整備が加速しそうだ。
(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて