<今日の仮想通貨市況>ビットコイン小反落、要人発言相次ぐ中で様子見ムードか

43025953_l.jpg
 主要仮想通貨の値動きは23日から週明けにかけてまちまちの動きとなっているが、前週比では依然軟調相場が続いている。26日午前9時現在では、ビットコイン(BTC)が1BTC=103万3140円(過去24時間比1.0%安)と小反落する一方、イーサリアム(ETH)は1ETH=9万422円(同1.1%高)と小幅に買われている。リップル(XRP)は1XRP=101円(同1.0%安)、ビットコインキャッシュ(BCH)は1BCH=2万3512円(同0.2%安)と小安い。

 22日にベネズエラのマドゥロ大統領が原油に裏づけされた仮想通貨「ペトロ」を発行したのに続き、貴金属の価値に裏づけされる新仮想通貨「ペトロゴールド」を一週間以内に発行すると発表。一方、麻生太郎副総理兼財務相が23日に仮想通貨取引所への立ち入り検査などを通じて健全性の確保を図ると語っている。週後半から週明けにかけて相場を大きく動かす材料はなかったものの、こうした各国の要人発言もあり、様子見ムードが強まっているものと見られる。
(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて