18年のICO、すでに20億ドルに

89256228_l.jpg

 18年のICO(イニシャル・コイン・オファリング)は玉石混交だが、すでに20億ドルが調達されており、17年の合計調達額57億ドルを上回るのも難しくなさそうだ。ただ、ICOはプライベートな投資家(Private Investors)が中心で、一般人が入り込む余地は小さいのが現状で、ICOによって調達された資金の84%はプライベートセールもしくはプレセールだった。

 ICOが登場したばかりのころは資金調達とともに多様で魅力的なコミュニティを作り出す民主的な手段として注目されたが、その風景は様変わりしている。特に有名なのは17年に公開された「BAT」で、"クジラ"(大量の仮想通貨を保有する人物を差す隠語)による買い占めでわずかな時間で調達額の上限に達した。すべてプライベートセールかプレセールで行われており、パブリックセールは残り物だ。

 最新のデータによれば、18年のICOに19億7000万ドルが投資されており、このうち84%がプライベートな投資家からだ。さらに言えば、これにはプライベートセールで8億5000万ドルを調達した「テレグラム」は含まれていない。こうしたプロジェクトは富裕層を豊かにするだけで、プラットフォームのユーザーに利するとは言えないだろう。

 多くのICOはプレセールの間に大きい割引率が設けられており、後から参加する一般の参加者よりも利益を上げるのが容易となっている。さらに、プレセールのトークン販売は分散された取引所(ここではプライベートの意味)ですぐに終了するため、パブリックセールの役割は副次的なものとなる。ICOの人気が最高潮となっていることは間違いないが、利益を得るために必要なのは、(プレセールに参加できるための)コネクションと資本だ。

https://news.bitcoin.com/icos-raised-2-billion-year-mostly-private-sales/

(この記事はBitcoin.comのコンテンツを抄訳しています)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて