<今日の仮想通貨市況>ビットコイン小幅安、米独立系格付機関が仮想通貨格付けを開始

81166267_ml.jpg
 主要仮想通貨の価格は26日9時5分時点、ビットコイン(BTC)は1ビットコイン=123万4645円(過去24時間比0.7%安)、イーサリアム(ETH)が1イーサリアム=11万4799円(同0.1%高)、リップル(XRP)は1XRP=144円(同2.8%安)と落ち着いた動きとなっている。

 先週後半から仮想通貨取引に対する世界的な規制強化の動きが嫌気され今週央まで下げ相場が続いていたが、米ナスダックのアデナ・フリードマンCEO(最高経営責任者)がビットコイン先物取引を前向きに検討していると発言したことや、米独立系格付機関のワイスレーティングが世界初の仮想通貨格付けを公表したことなどもあり、ビットコインをはじめ相場には底打ちムードが出てきた。

 ちなみに、ワイスレーティングが公表したビットコインの格付けは最高位から3番目の「C+(フェア)」で、イーサリアムの「B(グッド)」を下回った。最高位「A(エクセレント)」格付けの通貨はまだない。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて

【最新記事】