ナスダックCEO、ビットコイン先物は既存と異なる商品に

8797080_l.jpg
 米ナスダックのアデナ・フリードマン最高経営責任者(CEO)は、ビットコイン(BTC)の先物取引の開始を検討していると改めて表明。現在、ナスダックは仮想通貨を取り扱うパートナーとの契約や考え方を引き続き調査しており、リスク管理についても検討している。今回、フリードマンCEOはメディアに対し、「既存の先物取引のような現物の変動に対する裁定取引の対象としてではなく、長期の投資手段となるような商品を考えている」と述べた。

 ビットコインの先物取引は、17年12月にナスダックの競合である米CBOEグローバル・マーケッツやシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が相次いで開始されており、ナスダックでも先物取引の提供の可能性を模索していると表明していた。

https://news.bitcoin.com/nasdaq-futures-may-comprise-investment-rather-tracking-stock/

(この記事はBitcoin.comのコンテンツを抄訳しています)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて