<今日の仮想通貨市況>独連銀や中国当局見解受け主要仮想通貨が全面安

84996366_m.jpg
 主要仮想通貨の16日10時10分時点の価格は、ビットコイン(BTC)が1BTC=150万124円(過去24時間比1.8%安)、イーサリアム(ETH)は1ETH=13万9784円(同7.6%安)、リップル(XRP)が1XRP=174円(同15.4%安)と軒並み値を下げている。

 15日にドイツ連銀理事が仮想通貨規制について、国ごとではなく世界規模で行うべきとの見解を示したことや、中国当局が仮想通貨取引サービスを提供するオンラインプラットフォームや携帯アプリを取り締まり対象にすると伝わったことなどから、主要仮想通貨は全面安となっている。

 ただ、ビットコインについてはゴールドマンサックスが前週末に発信した顧客向けレポートで「ビットコインは金に似た新たな安全資産のような役割を果たす」との見解を示したことが再評価された可能性がある他、先物価格が15日終盤に上昇したことなどが支援材料になり、比較的小幅な下げにとどまっている。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて

【最新記事】