仮想通貨とは?

 仮想通貨とは、インターネットなどを通じて電子的に記録され、不特定多数の者に対して、代金の支払いなどに使用でき、日本円や米ドルなどの法定通貨と相互に交換できるものを指します。また、法定通貨、または法廷通貨建ての資産(プリペードカード等)ではないことが挙げられます。もっとも有名な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)です。

 ビットコインは2008年、Satoshi Nakamotoと名乗る人物がインターネット上に論文を発表したことに端を発し、ブロックチェーン(暗号技術等の複合的な組み合わせによるデータベース技術)を中核技術とするビットコイン理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発・公開され、09年に仮想通貨の第1号となるビットコインが誕生しました。

 ビットコインなど多くの仮想通貨最大の特徴は、非中央集権(国家や中央銀行、団体や個人などがコントロールしない)性を有しており、透明性と中立性が保たれているとされています。マネーサプライ自体に関する情報はすべてブロックチェーンへリアルタイムで書き込まれ、誰でも確認することが出来ます。また、仮想通貨は国籍を持たないため、世界中のだれでも保有することが可能(禁止されている国もあります)で、外貨両替のような手間や手数料が発生することなく送金や決済できる点にあります。この他さまざまな特徴がありますが、FX(外国為替証拠金取引)や株式と比較し、メリット・デメリットの観点から整理すると、図表1のようになります。

図表1:ビットコインのメリットデメリット

beginner01.gif

※ 出所:モーニングスター作成