<今日の仮想通貨市況>ビットコイン爆騰、時価総額はトヨタとNTTの合計に匹敵

 ビットコイン(BTC)が爆騰している。7日終盤、1ビットコイン=1万7847ドル(約201万8900円)と前日に付けた過去最高値1万4369ドルを上抜け、日本時間8日9時25分時点で1万7998ドル(約203万5270円)を付けるなど、過去24時間比25.0%高と上値追いの動きをみせている。時価総額は3010億ドル(約34兆円)となり、日本の株式市場時価総額1位のトヨタ<7203>、2位のNTT<9432>を合計した規模に匹敵する。

 10日に米シカゴ・オプション取引所(CBOE)、18日に米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がビットコイン先物を上場する他、18年には米ナスダックがビットコイン先物を上場する計画があると伝わり、個人売買主体だったマーケットに機関投資家の資金が流入するとの期待からビットコインの先高感が強まっている。

 また、過去3回の分裂によりビットコイン保有者は新通貨を手にしたが、月内にもビットコインプラチナ、スーパービットコイン、ビットコインクラウンと3通貨の分裂が予定されている上、年明けにもビットコインキャッシュプラス、ビットコインシルバーが分裂により誕生するとの思惑から、ビットコインへ資金の流入が続いている。

 一方、イーサリアム(ETH)は日本時間8日9時25分時点で1イーサリアム=433ドル(約4万8910円)、過去24時間比1.8%高となっている。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて

【最新記事】