<今日の仮想通貨市況>米CME、18日からビットコインの先物取引開始-BTC高値更新

 世界最大の先物取引所である米CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は1日、インターネット上で取引が可能な仮想通貨ビットコイン(BTC)の先物取引を18日から開始することを明らかにした。

 これはCMEがビットコインの先物取引の開始に先立ち、米国の商品先物・オプション市場を監督するCFTC(全米商品先物取引委員会)に対しCMEがビットコインの先物取引を行う取引所として適合していることを自ら認証する(自己認証)手続き行いCFTCから許可を得たもの。また、CFTCは1日、CMEの他、ボラティリティ先物・オプション取引を行っているCBOE(シカゴ・ボード・オプション取引所)と米大手証券キャンター・フィッツジェラルドが運営するキャンター取引所にも自己認証に基づいてビットコインの先物取引の開始を許可した。

 これを受け、ビットコインは急騰。週末を挟み3日には1ビットコイン=1万1859ドルと過去最高値を更新した。その後は利益確定売りと反発が交錯し値幅の大きな展開となっているが、日本時間40日10時25分時点では1万1483ドル(約129万4700円)、過去24時間比3.8%高で推移している。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて

【最新記事】