<今日の仮想通貨市況>SegWit2x延期で安心感、仮想通貨軒並み上昇

 ビットコイン(BTC)の価格は9日日本時間9時30分時点、1ビットコイン=7408ドル(約84万3500円)で過去24時間比3.4%高。イーサリアム(ETH)の価格は9日日本時間9時30分時点、1イーサリアム=307ドル(約3万4960円)で過去24時間比4.3%高となっている。SegWit2x(セグウィット2x)分裂延期が伝えられ、代替需要を模索する動きも絡み、主要仮想通貨は軒並み値を上げている。

 一方、MVDA10(MVISクリプトコンペア・デジタル資産インデックス10)は、7日に3224を付け、前日から大きく下げたが、その後は反発し、8日には3400台にまで回復している。

 ビットコインが金融資産としての地位を固めつつあることも、需要喚起につながっている。10月31日、オプションと先物の世界最大の取引所である米CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループは、年内にビットコインの先物取引を開始すると発表。 その後、同社はビットコイン先物のスペックを公開し、CMEグローベックスやCMEクリアポートの取引時間中に他のオプションとともに取引されるなど、取引方法について明らかにした。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて