<今日の仮想通貨市況>ビットコインが最高値更新、再分裂期待が膨らむ

 10月8日以降、ビットコインは急伸し、日本時間の12日午後4時ごろには1ビットコイン=5000ドル(約56万2000円)を突破。その後も上昇し、最高値を更新した。ビットコインは11月頃に再分裂すると伝わっており、分裂時にビットコイン保有者には新通貨が付与されるとの思惑から新通貨を狙った需要が高まっている。

11日には、4932ドル(約55万4000円)の最高値に達し、5000ドルに限りなく近い価格となった。しかしその後に大量に売却され、4850ドル(54万5000円)まで下落した。

12日は過去24時間で2.6%上昇した。ビットコイン・ドルの取引量は3億5000万ドル(約393億円)で、一日の全取引量の25%を占め、ビットコイン・円の61%に次ぎ、2位だった。

なお、ビットコイン・ドルは13日早朝の時点、5400ドル台で推移している。

イーサリアムは、1段階目のアップグレードであるビザンチウム(Byzantium)の公式リリースを控えており、11日は1イーサリアム=300ドル(約3万4000円)前後を推移した。

12日時点でイーサリアム・ドルは305ドル(約3万4000円)と、過去24時間で1.2%上昇した。取引量は8000万ドル(約90億円)と一日の全取引量の36%を占めた。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ

【最新記事】